布団 かゆい

ダニだけじゃない!寝る前に布団に入ると身体がかゆくなる3つの原因!

 

就寝しようとする際に足や背中、陰部(股)など身体の一部や、
全身などにカユミを覚える原因として、

 

一般的に多く言われているのが、
『ダニ』による吸血や死骸、フンなどによるアレルゲン物質です。

 

これらは比較的多いことは間違いないのですが、
それ以外にも身体がかゆくなる原因はあるので確認してみましょう。

 

 

主に考えられるものは以下の通りです。

  • ストレスや自律神経の乱れが原因の蕁麻疹
  • 小さな昆虫などによる吸血(刺咬)
  • アレルギーなどを引き起こす室内環境

 

 

布団に入ると身体がかゆくなる原因の特徴

ストレスや自律神経の乱れが原因の蕁麻疹の場合

 

日頃のストレスや疲労などが原因になるじん麻疹の特徴は、
自覚症状がないことや夕方から夜にかけて蕁麻疹が出てしまうことが挙げられます。

 

一括りに蕁麻疹といってもいくつも種類があるのですが、
ここではいくつか候補があります。

 

 

コリン性蕁麻疹

汗をかいたり運動して体温が上昇したりした時など出る蕁麻疹で夏季に悪化しやすい。
リラックスして体温が上がった時に症状が現れると『虫が体の上を這うような感触』がする。

 

>>コリン性蕁麻疹の特徴や症状

 

温熱じんましん

コリン性のじんましんと症状が似ていますが、
こちらも皮膚が急に温まることがきっかけ起こります。

 

例えば身体が冷えている状態で熱いお風呂に入ったりなど、
冷たい環境から暖かい環境に行くことで発症し、
局所、もしくは全身に強いかゆみを覚えます。

 

>>温熱じんましんの特徴や症状

 

レストレスレッグス(むずむず足症候群)

こちらはじんましんではないのですが、
足がむずむずして掻きむしりたくなるといった症状や、
不快感から動かしていないと落ち着かないといった症状がでます。

 

こちらが発症する原因は良く分かっていないのですが、
症状は夕方〜夜にかけて出てくることが多く、
特に夜に落ち着いているときや就寝前に症状がひどくなる人が多いようです。

 

>>むずむず足症候群の特徴や症状

 

昆虫などによる吸血(刺咬)

 

夏は多くの昆虫の生殖・繁殖に適した気温・湿度になるため、
どんなに注意していても知らず知らずの内に刺咬されたりします。

 

主に室内に侵入しやすい昆虫は以下のとおりです。

 

 

蚊を知らない人はいないと思いますが、
種類によって夜行性の蚊がおり暗くなることで活動を開始します。

 

基本的には肌が露出している部分を多く刺しますが、
綿や麻などの生地であれば服の上からでもやられてしまいます。

 

かゆみ自体は数時間もあれば引くのが特徴です。

 

>>蚊に刺された時の特徴や症状

 

ノミ

足(膝下)だけを中心に何ヶ所も刺されている痕があればノミの可能性が高いです。(横になっている状態ですと首や胸なども刺される場合があります)

 

ノミは屋外に潜んでいますが、
ペットを飼っている家庭や野良猫などを介して家屋内に進入してくるケースもあります。

 

ちなみにノミが繁殖する条件として気温が13℃以上ということなので、
ほぼ1年中生息していることになります。

 

>>ノミに刺された時の特徴や症状

 

ダニ

ダニに咬まれると何ヶ所も猛烈なかゆみを伴うことがあります。
しかし、家庭内に繁殖するダニで刺咬する種類は多くありません。

 

が、家庭内に多く潜むコナダニやチリダニなどが増えると、
それのダニを捕食するツメダニ(人を刺すダニ)、

 

またネズミなどに寄生するイエダニに吸血される場合があるので、
チリダニ等を増やさないということは意識しておく必要があります。

 

>>ダニに刺された時の特徴や症状

 

アレルギーなどを引き起こす室内環境

 

室内の環境によってはアレルギーなどで身体のかゆみを引き起こすことがあります。
引っ越しした場合もそうですが、
住み慣れた家の場合でも急にこういった症状が現れることもあります。

 

 

カビ(マラセチア毛包炎)

カビの一種であるマラセチア菌が皮膚の炎症を引き起こし、
ニキビよりも小さい赤いぶつぶつが、
顔、背中、腕、肩、胸などの毛穴周辺に現れる皮膚疾患です。

 

症状によってかゆみはの大小は異なりますが、
ひどい場合には痛みを伴うこともあります。

 

皮脂と湿度などで増殖するので、
皮脂が多く、汗で湿りやすい枕は清潔にしておく必要があります。

 

ちなみにニキビと似ていますが、
治療法などはまったく別物なのでご注意ください。

 

>>マラセチア毛包炎の特徴や症状

 

ハウスダスト(ダニアレルギー)

大まかにいうとハウスダストとはホコリのことなんですが、
そのホコリの中にはダニに死骸や糞などが数えきれないぐらい潜んでいます。

 

ホコリ1gの中に数百匹から〜1万匹と言われているのでかなり多いですよね。

 

ダニの死骸や糞は目視することはできませんが、
この量が多くなると肌に湿疹やかゆみを覚える原因になります。

 

また、ダニの死骸などはかゆみだけではなく、
今後アトピーや喘息、花粉症といった慢性的なアレルギーを引き起こすこともあるので、
寝る前にかゆみを伴っている人は早急に対策をした方が良いかもしれません。

 

 

ちなみにダニアレルギーによる症状は、
かゆみ以外にも咳やくしゃみ、鼻水といった気管に関する不良もあるので、
身体はどうもないのにこういった症状がある場合は気を付けましょう。

 

>>ハウスダストアレルギーの特徴や症状

 

以上が寝る前に布団に入ると身体がかゆくなる原因でした。

 

就寝前にかゆくなると眠りにつくことができず、
それがストレスになってさらに痒みを引き起こしたりと悪循環に陥ってしまうので、
個別記事に記載している対処法などを参考にしてみてください。

 

 

関連記事

 

工事中