ハウスダストって何?部屋の環境が未来を左右する!?

ハウスダストって何?部屋の環境が未来を左右する!?

 

ハウスダストとは室内にたまるホコリのことで、体内に入るとアレルギー症状やぜんそく等を引き起こす原因になることがあります。ここでは、ハウスダストの原因や対処法などを解説したいと思います。

 

 

【ハウスダストの原因】

ハウスダストの原因となるものは、衣類などの繊維クズ、ダニの死がい・フン、ペットの毛、花粉、タバコの煙、カビ、細菌などさまざまなものがあります。特に人やペットの毛などをエサとして繁殖するダニは、死骸もハウスダストによる症状を引き起こす最大の原因です。

 

また、浴室や台所、家具の裏の壁など、湿度の高い場所にカビがはえていたら、その胞子が大量に室内に発散、空気中に浮遊している可能性大です。そのカビの胞子や室内の細菌もハウスダストによる症状を引き起こす原因の一つなのです。さらに、花粉が飛ぶ時期には家の中にも花粉が入り込み、ハウスダストによる症状の原因になります。

 

 

【ハウスダストが引き起こす病気】

人の体に異物が浸入してきたときに攻撃して排除しようとするしくみが「アレルギー反応」です。体がハウスダストを「異物」と判断してアレルギー症状を引き起こします。アレルギー症状には鼻の粘膜の炎症を起こすアレルギー性鼻炎や。目に充血や強いかゆみが起きるアレルギー性結膜炎、顔や頭・耳などの皮膚が赤く腫れ、強いかゆみを伴うアレルギー性皮膚炎などがあります。

 

 

【ハウスダストの対処法】

アレルギーの原因であるカビやダニ、ホコリなどをしっかり取り除ことが必要です。まず、こまめに掃除を心掛けましょう。特にカーペットや畳はダニが発生しやすいので念入りに掃除が必要です。また、カビやダニが繁殖しやすいタオルや足拭きマット、シーツなどの洗濯はこまめに行いましょう。ダニは高温多湿を好みます。除湿機や空気清浄機などを利用し、適度な室温と湿度を保つ様に努めましょう。押し入れやタンスは除湿剤などで予防しましょう。

 

 

【まとめ】

ハウスダストによるアレルギー症状に悩んでいる人は大勢います。アレルギー症状を抑えるためにも、普段からどのような対策が必要なのか知っておく必要があるでしょう。